【ドコモ光】とは?お得な割引があるのはココ!フレッツ光などからの乗り換えにも対応

ドコモ光1 雑記

皆さん、自宅でインターネットはお使いですか?

最近では、ほとんどの方が利用していると思います。

しかし、実際にサービスの内容や仕組み、料金について細かく把握されている方は少ないのではないでしょうか?

誰か知り合いの詳しい人にやってもらった、営業の言われるがままに契約した、などというパターンも多いのが実情です。

それもそのはず、インターネットのサービスを提供している会社は非常に多く、料金体系も複雑ですし、一般の方が理解するのは難しいですよね。

でも、そのせいで知らず知らずの間に損をしているかもしれません。

今回は、インターネットについて専門知識がなくても大丈夫なように、なるべく簡単な言葉を使って、特にドコモのケータイ・スマホを使っている方向けにおすすめのサービス『ドコモ光』について、NTTの『フレッツ光』との比較も交えながら、徹底的に解説していきたいと思います。

パソコン イメージ2

これから引っ越しなどで新しい家に光回線を引いてインターネットを楽しみたい、あるいは他社と契約しているけど、「実際は価格・サービス的にどうなの?」と疑問を抱いている方には、記事を読んでいただければ、スッキリした気持ちで堂々と新規契約・乗り換えが出来るようになりますよ。

もし自力で調べて各社の比較が出来て、専門用語も難なく使いこなす上級者の方には、物足りない内容かもしれません。

あくまでもインターネット・光回線ってよく分からないけど、なるべく安くてサポートが充実しているほうが良いという初心者の方が、ドコモ光の新規での申し込みまたは他社からの乗り換えを検討する際に、なるべく納得した形でお得に契約できるようにするための記事です。

もちろん、ご自身で興味がある、詳しく知りたいという部分だけ読んでもらっても構いません。

では、さっそく参りましょう!

『ドコモ光』とは?

ドコモ光2引用元:株式会社NNコミュニケーションズ

ドコモ光とは、大手通信会社である『NTTdocomo(ドコモ)』が提供する光回線のサービスのことで、NTT東日本やNTT西日本の光回線をそのまま使用するので、『光コラボ』と呼ばれています。

ドコモ光4引用元:NTT東日本

光コラボ』って何?
・光コラボレーションとは、NTTが自社の回線を他の事業者に提供して、その事業者が私たち消費者に回線を自社の商品・サービスなどとセットにして販売すること
・NTTが直接我々に光回線を提供する『フレッツ光』が小売業だとすると、今回のドコモなどほかの会社に提供するのは卸売業のようなもの
・NTTも営業をせずに利用者の増加が見込める、ドコモなど消費者との間に入る事業者も自社の商品・サービスを合わせて長く使ってもらえる、そして私たち消費者も、様々な企業が参入して競い合うことで価格競争やサービス向上の恩恵を受けられる、win-winの仕組みが出来上がっている

ドコモ光のメリット

NTTの光回線に比べて料金が安くなる可能性が高い

お金 イメージ1

フレッツ光を使っている場合、NTTへの支払いとは別に、別途プロバイダとの契約が必要で、その月額利用料が発生します。

従って、インターネットを利用するに当たって、毎月の料金を2ヵ所へ払うことに。

それを管理するのが地味に面倒だったりします。

ちなみにプロバイダとは、NTTの回線をインターネットに接続する業者のこと。

プロバイダだけでも様々な事業者が乱立しているので、最初は選ぶだけでも大変ですよね。

ドコモ光3引用元:NTT東日本

それに対してドコモ光は、インターネット料金とプロバイダ料金が一緒のプロバイダ一体型というタイプなので、別々に契約する手間も省けます。

また、問い合わせ窓口が一本化されるので、契約の際やトラブルに遭った時など、どこに電話すればいいか分からない、といった煩わしさから解放されますよ。

毎月の請求もまとめて来るので、家計の管理も非常に楽チンです。

      月額利用料      プロバイダ料
NTT東日本・戸建て向け約6,270円約1,100円
NTT東日本・集合住宅向け約4,125円約880円
NTT西日本・戸建て向け約5,940円約1,100円
NTT西日本・集合住宅向け約4,070円約880円
ドコモ光・戸建て向け約5,720円一体型のため、月額利用料に含まれる
ドコモ光・集合住宅向け約4,400円一体型のため、月額利用料に含まれる
※価格は全て税込

上記の表は、2022年5月現在のフレッツ光とドコモ光の料金を比較したものです。

ハッキリ言って、インターネットの料金体系は複雑で分かりづらいのが現実。

あくまでいくつかあるプランの中の一つをチョイスして、それぞれの目安を表したものなので、申し込むプランによって料金が違ったり、人によって割引が適用になったりもしますし、具体的な金額までは本人が申し込むまで分かりません。

また、集合住宅にお住まいの方でも、そのアパート・マンション内での世帯数によってプランが変わったり、その建物内の光回線設備の有無・配線方式によっては、契約できるプランが限られる場合も。

スマホと同じで料金が本当に複雑で、「一体いくらなんだ!?」と頭が痛くなりますよね?

ただ、表を見ていただければ、大体ではありますがドコモ光のほうがフレッツ光よりも全体的に安くなる可能性が高いことが分かります。

月額で見ると大したことないように感じるかもしれませんが、一度きりの買い物と違って、毎月かかるお金なので、1年2年…と月日が経っていくうちに、とても大きな差になりますよ。

固定費を下げることが節約のコツと言いますが、そういう意味ではこの差は非常に大きいですね。

ドコモ光や代理店のキャンペーンを受けられる

ドコモ光6

これが最大のメリットと言えるでしょう。

NTTのフレッツ光は、個人相手の割引やキャンペーンに熱心ではありません。

それもそのはず、光コラボをすることによって、光回線を卸売した各事業者が独自のキャンペーンを展開してくれるので、NTTは何もしなくても光回線を普及させることが出来るんです。

最近では、フレッツ光は企業など法人相手の営業に力を入れてるようですね。

それに対して、ドコモ光などの光コラボ回線を契約すると、申し込みをした家電量販店やプロバイダの窓口・代理店などのキャンペーンが適用になり、更に光コラボの事業者であるドコモの割引やサービスも受けられます。

キャッシュバックや月額割引・スマホやテレビのサービスとのお得なセット割・Wi-Fiルーターの無料レンタルなど、その内容は申し込む場所によって違えど、いずれもフレッツ光よりも手厚いキャンペーンになっていることが多いのが特徴。

このキャンペーン内容を基準にドコモ光をどこで申し込むか決めると良いですよ。

『転用』や『事業者変更』すれば基本的に工事は不要

ドコモ光7

フレッツ光を利用している方が『お客さまID』や『ひかり電話番号』はそのままにして、光コラボ事業者が提供するサービスに切り替えることを『転用』と呼びます。

もう既にフレッツ光を利用している方は、その回線をドコモ光に切り替えるだけで、大掛かりな工事は必要ないことがほとんど。

その場合、NTTに電話をして転用番号というものを取得した上で、その番号を使って光コラボ事業者が手続きを進めるという流れになります。

ドコモ光5引用元:NTT東日本

また、他の光コラボ事業者からドコモ光など別の事業者に契約を切り替えることを『事業者変更』と言います。

これもフレッツ光の設備を使った光コラボレーションの事業者同士の変更であれば、回線の変更はなく、基本的に立ち会い工事の必要はなし。

ただ、転用にしても事業者変更にしても、以下の注意点には気を付けて下さい。

多少の事務手数料などはどうしてもかかってきてしまいますが、余計な出費は避けたいですからね。

・転用時・事業者変更時に手数料がかかる
・契約の内容や自宅の環境によっては、工事費などが発生する
・悪質な事業者も存在する
 

一番厄介なのは、しつこい営業や必要のないオプションを付けようとするなど、悪質な事業者が一部いること。

本当にごく一部ですが、NTT本体からの営業であるように見せかけ、安くなるからと言って契約しようとする事業者などは実際にいます。

インターネットの知識が不安な方は、割引率やキャンペーン内容は劣りますが、家電量販店やドコモショップなど、ご自身が安心できる場所で申し込むこと。

そして、向こうから積極的に来た営業には絶対に乗らないことですね。

営業に熱心だということは、契約を取るのに必死ということです。

ある意味企業としては素晴らしい姿勢なのかもしれませんが、それが度を超すと我々消費者にとっては迷惑以外の何物でもありません。

『ドコモ光セット割』が破壊力抜群!

パソコン イメージ3

インターネットを利用するには、フレッツ光や光コラボ事業者など様々な選択肢がありますが、もしケータイ・スマホがドコモの方であれば、おすすめは間違いなくドコモ光一択です。

ドコモ光8引用元:NTTdocomo公式サイト

ドコモ光の契約者と同一『ファミリー割引』グループ内の決められたプランの契約者が対象。

一定の適用条件があったり、割引率がプランによって違うので、一概には言えませんが、意外と皆さん当てはまる方が多いので、ドコモユーザーにとっては非常にお得な割引ですよ。

これの凄い理由は、毎月の割引であるということ。

極端な話、申し込み時に数千円ぐらい余計にお金がかかったとしても、毎月の支払から税込1,100円が割引になるので、あっという間に回収できちゃいます。

また、ファミリー割引のグループを組んでいる家族は、全員が適用になるのも助かりますね。

離れてて住んでいる家族も、同一グループ内であれば割引対象に入りますし、塵も積もれば…ではないですが、どんな入会キャンペーンよりも家計に対する影響は大きいかもしれません。

ちなみに、『ahamo』の方は対象外なのでご注意を。

ドコモ光のデメリット

ドコモ光9

もちろんドコモ光にもデメリットはあります。

申し込みをする際には、他社のサービスとキチンと比較して決めたいですよね。

なので、ドコモ光を検討されている方が注意すべき点をいくつか挙げてみたいと思います。

定期契約プランは解約に違約金がかかるタイミングがある

これは他の多くの光コラボ事業者にも同じことが言えますが、たいていの場合、事業者と数年の定期契約というものを結びます。

スマホにも似たような仕組みがありますが、プランの変更や他社への乗り換えをしたい時に、契約満了月の当月・翌月・翌々月以外に行おうとすると、違約金がかかる場合があります。

これは仕方ない部分ではありますが、だからこそ申し込みはご自身が納得した上ですべきですね。

プロバイダによって料金・サービスが異なる

これもドコモ光に限らず、光回線でインターネットを利用するに当たって必ずぶち当たる壁です。

プロバイダの選び方って難しいですよね。

ドコモ光を契約するとして、選べるプロバイダは全部で20種類以上。

手続きや毎月の支払いはドコモが窓口となって対応してくれるので、フレッツ光のようにNTTとプロバイダ両方とのやり取りをしなければいけないという手間からは解放されます。

ただ、プロバイダもこれだけ多いと、どれが一番良いのかなんて分かりませんよね?

そんな方のために、ドコモ光で加入できる代表的なプロバイダを一覧表にしてみました。

  プロバイダ名   タイプ名   割引  無線ルーター訪問サポート
ドコモnetA×△(有料)
ぷららA
GMOとくとくBBA
@niftyA
OCNB
AsahiNetB××

プロバイダによって料金が2~3倍違うとか、ココを選ぶと損してしまうなど、そこまで大きな違いはないのが正直なところ。

“おすすめプロバイダランキング”的なものもネットで検索すれば出てくると思いますが、キャンペーンの時期などによっても変わってくるので、なるべく新しい情報のものを参考にすると良いでしょう。

2022年現在の情報を基に判断するのであれば、プロバイダは『GMOとくとくBB』を選んでおけば、間違いはないと思います。

通信速度も速く、従来のIPv4(PPPoE)通信という従来の接続方式に加えて、IPv6(IPoE)という新しい接続方式に対応しているプロバイダの一つ(接続方式の名前は憶えなくても大丈夫です)。

ドコモ光10引用元:株式会社NNコミュニケーションズ

テレワークや動画の視聴・オンラインゲームなどを利用する方には、大事な要素ですね。

それに加えて、ルーターの無料レンタルサービスもあります。

ルーター』とは?
・自宅や会社でスマホやパソコンなどをWi-Fiに繋ぐために必要な機器のこと

ルーターもお店で購入しようとすると、約5,000~10,000円ぐらい。

回線の速度が速くても、ルーターの性能が悪いと通信のスピードが出ないので、高性能のルーターを無料で貸し出してくれるメリットは大きいと言えます。

また、ドコモ光には『タイプA』と『タイプB』の2パターンあり、一般的には月額料金が安いタイプAのプランの中からプロバイダを選ぶのがおすすめ。

もちろんGMOとくとくBBもタイプAに属しています。

その他、キャッシュバックもありますし、総合的に見れば、GMOとくとくBBが今のところ一番おすすめ出来るプロバイダではないでしょうか?

ただ、性能や割引率は二の次で、パソコンが苦手だから無料のオプションが充実しているほうが良い、という方もいるかもしれません。

そういう場合は、品質の良いセキュリティソフトを提供してくれている・訪問&リモートサポートが充実している、という観点でプロバイダを選択すると良いでしょう。

プロバイダを選ぶポイントは?
・月額料金が安いタイプAがおすすめ
・IPv6接続という高速通信方式に対応しているかどうか
・ルーターを持っていない場合、高性能のルーターの無料レンタルがあるかどうか
・キャッシュバックの有無
・セキュリティソフトや訪問サポートなど、無料オプションが充実しているかどうか

ドコモユーザー以外は割高になる可能性がある

ドコモ光のメリットの一つは、何と言っても先ほどご紹介したスマホとのセット割があること。

これはドコモの格安プランである『ahamo』や他社のスマホを使っている人は適用外。

料金面だけで言えば、普段利用しているスマホキャリアに合わせて、光回線を申し込む事業者を決めた方が良いと思います。

auひかり』や『ソフトバンク光』など、お得になる事業者は人によって違うので、最適な窓口を選ぶようにしましょう。

    光コラボ        独立回線    
 主な事業者 ドコモ光・ソフトバンク光
OCN光・ぷらら光など
NURO光・auひかり・コミ
ュファ光など
 メリット ・対応エリアが広い
・乗り換えが簡単
・お得なセット割がある
・通信速度が速い
・キャンペーンが様々
 デメリット ・回線が混雑しやすい
・速度が出ないことも
・対応エリアが狭い
・初期費用が高い
・地元企業の場合もある

ドコモ光はどこで申し込むのが一番お得?

ドコモ光11

ここまで読んでいただいて、じゃあ「どこで申し込めばいいの?」という疑問が出てきますよね。

ドコモ光と契約する方法は、大きく分けて3つのパターンがあります。

・ドコモショップやドコモ公式サイトなどで申し込む
・各プロバイダ経由で申し込む
代理店経由で申し込む

ドコモショップやドコモ公式サイトで申し込む

これが一番安心だと思われている方が多いかもしれません。

確かに、精神的な安心感って高額な買い物や契約をする際にはとても大事なことなので、ドコモ光の契約に関して不安がある方は、ドコモ経由で申し込むのもアリでしょう。

条件を満たせば、ドコモ公式のキャンペーン・特典が受けられますよ。

下記がキャンペーン・特典の一例です。

ドコモ光13引用元:NTTdocomo公式サイト

ドコモ光12引用元:NTTdocomo公式サイト

ただし、なるべくお得に申し込みたいという人には、はっきり言っておすすめ出来ません。

なぜなら、ドコモ公式のキャンペーン・特典しか受けられないから。

プロバイダや代理店では、それぞれ独自のキャンペーンをやっているので、ドコモの公式キャンペーンに加えて、プロバイダや代理店ごとのサービスの、いわゆる“二重取り”が出来るんですね。

どうしても不安で「“公式”という言葉しか信用できない!」という人以外は、別の申し込み方法をおすすめします。

プロバイダ経由で申し込む

プロバイダを窓口にして契約すると、上記のドコモ公式キャンペーンに加えて、各プロバイダで展開されている特典が併せて適用になります。

どこのプロバイダとお付き合いするか決まっている方には、そのプロバイダの公式サイトに行けば詳細が書いてあるので、非常にシンプルで分かりやすいですね。

ただ、もっとお得に申し込みが出来る可能性があるのが、『代理店』での申し込みです。

代理店経由で申し込む

代理店では、ドコモ光の公式キャンペーンに加えて、代理店が独自に打ち出しているとてもお得なキャンペーンを利用できます。

更に、代理店によってはプロバイダ独自のキャンペーンも併用できる場合があるので、複数の割引やキャッシュバックが同時に適用になる確率が一番高いんですね。

中でもイチオシなのが、『株式会社NNコミュニケーションズ』という代理店から申し込む方法です。

NNコミュニケーションズは代理店業界では有名な会社で、『auひかり』や『ソフトバンク光』などの光回線サービスの代理店事業も行っていますね。

こちらから申し込むメリットは、大きく分けると5つあります。

NNコミュニケーションズでドコモ光を申し込むメリット
・ドコモ光の公式キャンペーン・特典との併用が可能
・好きなプロバイダが選べる
・高額キャッシュバックが最短2ヵ月で貰える
・面倒な郵送やメールでのキャッシュバック手続きがなく、電話で伝えれば申請完了
しつこい勧誘やオプションの加入が一切不要

中でも一番重要なのが、しつこい勧誘やオプションの加入が一切必要なく申し込みも出来て、キャッシュバックも適用になるという点。

窓口などで「もしこちらのオプションは使わなければ、すぐ解約していただいて結構ですよ!」なんて誘い文句で、スマホやネットのオプションを進められた経験がある方もいらっしゃるでしょう。

あるいは、キャッシュバックの条件に一定のオプション加入が含まれている、というパターンもたまにありますよね?

それらが全くないというのは、契約時のストレスが著しく減るということ。

大手の代理店ですし、安心して分からないことを質問しながら、契約を進めることが出来ますよ。

どこで契約しようか迷ったら、NNコミュニケーションズからドコモ光を申し込みましょう!

まとめ

パソコン イメージ4

いかがでしたでしょうか?

皆さんの不安が少しでも解消されたのであれば幸いです。

ちなみに、一番おすすめしているNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトからの申し込みの手順が知りたい方は、下記リンクを参考にしてみて下さい。

ドコモ光の申し込み~インターネット利用開始までの流れ

ドコモ光15引用元:株式会社NNコミュニケーションズ

難しいことだらけのインターネットや光回線、用語1つ調べるだけでもストレスですよね。

ドコモ光は大手通信事業者という強みを生かして、契約して終わりではなく、最初から最後まで分からないことは代理店やプロバイダも含めて教えてくれるサポート体制が整っているので、安心して利用することが出来ますよ。

しかもNNコミュニケーションズのキャンペーンサイト経由の申し込みでキャッシュバックもゲットして、皆さんが快適なネットライフを送れることを祈っています。

~ドコモ光のメリットまとめ~
1. ドコモという大手通信事業者が提供する光回線
2. NTTのフレッツ光の回線をそのまま使用するので安心、しかも安くなる可能性が高い
3. 人によっては面倒な工事・設定なしで使い始められる
4. プロバイダ一体型なので、月額料金が1つにまとめられて管理が楽チン
5. 好きなプロバイダを選べる
6. 無線ルーターが無料でレンタルできるプロバイダがあるので、出費が抑えられる
7. 代理店経由で申し込めば、ドコモの公式特典とキャンペーンの併用が出来て更にお得
8. ドコモユーザーはスマホとのセット割があるため、料金的にはドコモ光一択
9. 親切・丁寧なオペレーターやチャット機能など、契約後のサポート体制も充実
10. 2022年の時点では、NNコミュニケーションズからの申し込みが一番おすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました