ひたちなか市で【鹿島灘はまぐり】を味わう!【はまぐり屋】の絶品コース料理

はまぐり屋4 茨城のおすすめ
スポンサーリンク

当ブログでは、シャトレーゼの情報以外にも、コンセプトである“繊細で神経質な方でも、嫌なことを忘れて幸せになれる時間を過ごす”のもと、私が体験したおすすめ情報を、レビュー形式でご紹介していきます。

私の趣味であるサッカー・映画・旅行に関する情報がメインになってしまうかもしれませんが、その中から一つでも皆さんにとって有意義な記事が見つかれば幸いです。

はまぐり屋1

今回は、先日やっと予約が取れてランチに伺うことが出来た、はまぐり料理の専門店『はまぐり屋』をご紹介します。

茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町にあるこちらのお店では、完全予約制ではまぐり尽くしコースを提供してくれるという、知る人ぞ知る地元の名店。

“はまぐり”と聞いて、侮るなかれ。

皆さんにも一度は食べて欲しいので、最後までご覧下さい。

スポンサーリンク

鹿島灘はまぐりとは?

茨城県の大洗から千葉県の犬吠埼にかけて広がる鹿島灘。

そこで獲れる大粒のはまぐり『鹿島灘はまぐり』は、希少な国産ブランドはまぐりとして取引されています。

日本国内に流通しているはまぐりの約90%は中国産で、国産のはまぐりは本当に少ないんです。

通常のはまぐりの旬が3月頃なのに対して、鹿島灘はまぐりは産卵前の梅雨の時期~初夏にかけてが身も大きく、最も美味しい時期の一つとされているみたいです。

大きいものでは10cmを超えるサイズのものも水揚げされますが、年を追うごとに漁獲量が減っていて、資源保護のために、操業時間の短縮や輪番制(漁に出られる日が決められている)など、様々な資源保護の取り組みが行われています。

とても貴重な食べ物なんですね。

 
『鹿島灘はまぐり』とは?
・日本国内に流通しているはまぐりの約10%弱と、希少性が高い

・一般のはまぐりとは違い、産卵前の6~7月が旬
・通常のはまぐりが5cm程度なのに対して、約7~10cmと身が大きい
スポンサーリンク

はまぐり屋でランチ

私が訪れたのは7月下旬でしたが、予約を取るために電話すると、台風が発生しているため、漁の具合によってはお店を閉める、との返答。

完全予約制といい、この妥協を許さない姿勢に、ますます期待が膨らみました。

実際にお店に伺って聞いてみると、我々以外は全て県外からの予約だったそうです。

お店の外観は、一見すると民家のようで、地元の人でも知る人ぞ知る!的な佇まいです。

さて、肝心のメニューはというと、『はまぐり尽くしコース』3,980円と、多少のアラカルトメニューのみという構成。

コース全品の紹介は割愛しますが、新鮮でなければ食べられない肝や刺身、定番というには失礼すぎる程に驚きの味の焼きはまぐりや潮汁、そして〆には雑炊と釜飯のコンボという、まるで初めて食べた料理の如く衝撃を受けたコースでした!

また、コース料理に使われている器が独特で、気になって聞いてみると、はまぐりの貝殻を使って焼き上げた特注品の焼物なのだそうです。

お店の内装も、その陶芸家の方にお任せで作ってもらったとのことで、飲食店にしては珍しく、床面が土間だったのも納得。

そして、コース料理を矢継ぎ早に出す、クセのある女将さんの説明も、良い意味でお節介で、今までノーマークだった鹿島灘はまぐりという食材を、思う存分に堪能しました。

スポンサーリンク

感想

大振りなのに繊細で上品な味です。水分量が多く、出汁が永遠に出続けるんじゃないか?というぐらいプリっとしていて、今までの人生でベストはまぐりでした。

完全予約制で店内はそこまでのキャパシティはなく、臨時休業もあるので、予約は取りづらいですが、夫婦やカップル・女子会などで、はまぐりがお好きな方は、是非とも行ってみて下さい。

ランチでもディナーでもアリだと思います。

普段食べているはまぐりとは、間違いなく別の食べ物です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました