シャトレーゼ夏の人気商品【フルーツのジュレ】は手土産・ギフトにもおすすめのゼリー

フルーツのジュレ2 シャトレーゼ
スポンサーリンク

最近、当たり前ですが暑い日が続いていますね。

普段は甘い物が大好きという方も、夏場はやっぱりサッパリしたお菓子が食べたくなりますよね。

その代表格と言えばゼリーでしょう。

今回は、その数あるゼリー類の中でも、私が大好きなシャトレーゼに売っている『フルーツのジュレ』というお菓子について語っていきます。

シャトレーゼだからこそ出来る、厳選された素材をたっぷりと使用した、他で売っているゼリーとは一味違う商品だと思いますよ。

知らなかったという方は、当記事をキッカケにして、興味を持っていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

夏バテ気味の疲れた身体にも!シャトレーゼ夏の目玉商品

フルーツ イメージ2

『フルーツのジュレ』と言えば、シャトレーゼでは毎年夏の時期になると、入口前や洋菓子コーナーの目立つ場所に大きく展開される、この季節の一番人気です。

店内のお客さんも、自宅用に贈答用にと、買い物カゴにそれぞれ自分の好きな味のジュレを、これでもかと詰め込んでいるのを、私もよく見かけますね。

フルーツのジュレのおすすめポイントは、何といっても白州名水仕込みのゼリーだということ。

南アルプスの麓、白州の天然水を汲み上げて、お菓子作りに使っているそうです。

シャトレーゼのお菓子作りは、水道水をなるべく使わず、この白州名水をたっぷりと使用しているんですね。

プルッとした食感で、THE・フルーツのゼリーという表現がピッタリです。

スポンサーリンク

果肉がたっぷり!冬場でも買える定番3種類

各種/税込162円

ジュレは毎年様々な味が発売され、今年は7種類のラインナップがあります。

その中でも、不動の人気を誇る、通年発売されているフレーバーをご紹介。

それがオレンジ・グレープフルーツ・マンゴーの3種類。

こちらの3種類に関しては、それぞれのフルーツの果汁を使った、白州名水仕込みのゼリーであることはもちろん、たっぷりの果肉も入っています。

まるでフルーツを食べているかのようなゴロッと感で、夏場だけではなく、冬の寒い時期にも食べたくなるゼリーですよ。

定番3種類のジュレをレジで店員さんに有料でラッピングしてもらうと、ちょっとした手土産におすすめのプチギフトが完成します!

スポンサーリンク

期間限定!夏だけのフレーバー4種類

各種/税込162円

上記の定番3種類に対して、今の時期だけの限定商品もあります。

それは巨峰・苺・みかん・白桃の4種類。

いずれもフルーツの果汁をたっぷり使い、サッパリとした口当たりに仕上がっています。

その中でも、シャトレーゼオタク歴10年以上の私の一番のおすすめは『フルーツのジュレ 巨峰』。

山梨県産の巨峰果汁が入った、シャトレーゼでしか食べられないゼリーといった所でしょうか。

とは言え、お店によっては、夏だけの限定商品を一年中取り扱っているお店も見かけます。

運が良ければ、涼しくなってからでも、季節限定の味が買えるかもしれません。

お盆やお彼岸・暑中見舞いや残暑見舞いのギフトにもピッタリ

フルーツのジュレ1
6個入/税込1,080円   9個入/税込1,620円   12個入/税込2,160円   15個入/税込2,700円

先日も紹介した通り、フルーツのジュレには、詰合せも販売されています。

夏場はキンキンに冷やして食べるのが最高ですが、何とこの商品、真空パッケージのため、常温でも数ヵ月は日持ちするという強者!

なので、お盆やお彼岸の手土産・ギフトはもちろん、暑中見舞いや残暑見舞いなどの季節のご挨拶にも適しています。

お盆の手土産におすすめ!シャトレーゼの売れ筋ギフト5選

店員さんに頼んで、オリジナルの詰合せを作ってもらうのも良いでしょう。

その他にも、軽い朝食や子供のおやつ・お見舞いやご近所への手土産など、様々なシチュエーションに使える万能アイテムです。

一個あたり税込162円と、100円前後のお菓子が多いシャトレーゼの中では、決して安くはありません。

しかし、シャトレーゼのコストパフォーマンスでその価格ということは、それだけ原材料費が掛かる、しっかりとした品質の証とも言えるのではないでしょうか?

とりあえず、暑い時期のシャトレーゼでは『フルーツのジュレ』を買っておけば、間違いありません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました